インコノート♡Happy♡

オカメとセキセイ、日々の記録

ちょっと、危険な室内日光浴

f:id:haruseikatu:20200611094423j:image

こんにちは。インコノートです。

いままで、いい加減にしていた(・_・;

インコ飼育を初心に戻って改善をしています。

 

今回は日光浴について考えたいと思います。

 

小鳥の飼育書等には

  • 毎日、20分〜30分日光浴させましょう。
  • カルシウムの吸収を助けるビタミンDは太陽の紫外線を浴びる事で生成される。
  • ガラス越しだと、紫外線が入らず意味がない。

 

など、書いてあります。

 

ウチの場合を振り返ると、鳥部屋は西側で窓から日差しが入るからと、特に日光浴させてませんでした。

ごめんなさいm(_ _)m


f:id:haruseikatu:20200611094358j:image

これからは、出来るだけ日光浴させる事を決意。

網戸じゃないと、紫外線が入らないらしいので

ベランダと窓を全開にして、網戸越しの風を感じながら30分日光浴させる。

オカメの鳥カゴは大きく重いので、2羽は放鳥したままの日光浴になります。


f:id:haruseikatu:20200611094406j:image

そこへ登場したのは、近所の猫会長。

茶々丸くん。(本名アンドレ)


f:id:haruseikatu:20200611094419j:image

彼は、初老 (多分11歳ぐらい) の三軒向こうで飼われている。半分家猫のニャンコ。

ウチや他のお宅に顔を出して、ゴハンにありつく賢い子です。

私は生き物好き、夫は猫好き、なので茶々丸が顔を出すと、ついゴハンを上げてしまい。

彼はウチを別荘として使っています。

 

f:id:haruseikatu:20200611103350j:image

春から夏は、風通しの良いウチのベランダで過ごしているので、インコ達の日光浴に鉢合わせしてしまった(^◇^;)


f:id:haruseikatu:20200611094409j:image

みんなに緊張が走る(`・ω・´)

発情抑制は適度な緊張感があると良いと聞くので、このままに様子を見る事に。

もちろん、接触しないように細心の注意を払います。


f:id:haruseikatu:20200611094402j:image

オソッチ。初めて見る猫に驚き体を硬直。


f:id:haruseikatu:20200611094426j:image

チョロロ。初めて聞く猫の声に身を細める。

 

f:id:haruseikatu:20200611094354j:image

カラリン。怖い思いさせるな💢と飼い主にガン飛ばすw

 

そんな中、ウタちゃんだけが、いつも通りに過ごし


f:id:haruseikatu:20200611094430j:image

初めは怖がってましたが、

しばらくしたら普通にもどり。

カキカキの催促(^ ^)


f:id:haruseikatu:20200611094415j:image

ケージ越しにカキカキ頂きましたー💕


f:id:haruseikatu:20200611094412j:image

さすがは、肝っ玉母さん。強すぎる!

ウタちゃんの発情抑制したいのだけど…

網戸越しの外猫では動じないらしい。。。

 

f:id:haruseikatu:20200611104951j:image

茶々丸。ベランダ使っていいけど

ウチの子いじめたらダメだよ。

 

 

それでは、また〜。

 

 

 

ランキングに参加しています。


インコランキング

 

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

応援ポチッとよろしくお願いします!

 

<甲斐性なしの三流鳥飼いブログ>