インコノート♡Happy♡

オカメとセキセイ、日々の記録

産卵と抱卵が続いて、足をおかしくしたセキセイインコのウタちゃん

こんにちは、飼い主のはるみです。

(休みついでに、インコノートです。から、はるみです。に変更w)

 

10日間ぶりぐらいの更新でしょうか。ご無沙汰しておりました。

ブログ休むと、更新が面倒くさくなって、このままサイトを閉じてしまおうか…とも思いましたが、基本暇しているパート主婦なので、始めたのだから続けようと、再び記事を書いてます。

 

 

f:id:haruseikatu:20201012074922j:image

インコ看護と称してブログを休んでる時に、今までやってこなかった、ブログの紹介ページやヘッダやフッタやサイドバーなのどカスタマイズをすれば良かったのですが、根が怠け者なので、ずっと「dアニメ」の動画サイトを見てました。

昔から気になっていた「銀河英雄伝」全110話を家事を怠けつつ試聴して、少し気が晴れました。キャラクターが美男子だらけなのは置いておいて、今まで手を付けて来なかった、政治やら軍隊やらの話しも面白いと感じ、別の戦争モノも見てみようかと計画中……。

 

って、すみません。このブログはペットのインコ飼育ブログ。放置していた本題に入りたいと思います。

 

f:id:haruseikatu:20201015092854j:image

卵を産み続けるセキセイインコのウタちゃん

ここ最近の産卵と抱卵を振り返ってみます。

 

6月26日〜7月22日 27日間抱卵 産卵数5個

休卵期間 23日間

8月15日〜9月9日 26日間抱卵 産卵数4個

休卵期間 12日間

9月22日〜10月3日 12日間抱卵 産卵数4個

 

10月3日に体調を崩して、抱卵を強制的に終わらせて、ケージを30度に保温をする。

 

ちょうど、9月の後半は朝晩の温度差があり、最低気温が15度ぐらいな日が続いていた。

無精卵なのもあり、特に巣箱を設置せずケージの床に偽卵を含めた6個の卵を直置きしていた。

今思えば、室温20度を下回る抱卵はヒーターを入れるべきでしたが、私は自然な気温で飼育して、発情抑制をしたかったので、寒かったら抱卵諦めるだろう。と軽く考えて何も対策をしていませんでした。

 

 

f:id:haruseikatu:20201015095157j:image

抱卵は足の間に6個もの卵を抱え、長期に温める作業。15度の室温で(ウチは隙間風のある中古住宅なので、外気温と室温がほぼ一緒)冷える床での抱卵は体を冷やしてしまったようだ。

 


f:id:haruseikatu:20201015095200j:image

*8月10日のガニ股ウタちゃん

もともと、連日の抱卵で足が開いてガニ股になっていたのが、寒さでダメージを受けて足が立てなくなってしまった。

そして、卵は体のカルシュームを使って殻を作るので、足の骨がもろくなってた可能性もある。

 

私は今まで、産卵し続ける子は、卵詰まりや内臓疾患で病気になるんだと勝手に思っていた。

しかし、産卵しすぎで骨が弱くなり、抱卵しすぎで足が立たなくなる、とは予想外の出来事でした。

 

 

f:id:haruseikatu:20201012075528j:image

*子供達が母親を心配している風景、その1

ここ数日、保温により体調が上向きになり、足は悪いが空は飛べるので、リハビリも兼ねて放鳥させてます。(ウタちゃんが出せ出せうるさいし。)

 

 

f:id:haruseikatu:20201012080437j:image

*その2

きみどり姉弟はウタ母さんが心配で様子を伺ってます。

クチバシで軽くツンツン叩いて「元気?」って顔をして覗き込んでいます。

 


f:id:haruseikatu:20201012080458j:image

*その3

足が悪くて歩きずらそうですが、羽は弱ってないのでビュンビュン飛び回る。着地がベタ座りでカッコが悪いけど。。。

 


f:id:haruseikatu:20201012080451j:image

左足は比較的動きが良いが、右足に力が入らない。痛くて体重を乗せられないようだ。

 


f:id:haruseikatu:20201012080454j:image

体調不良起こした当初は、ケージの下にうずくまり、死んでしまうか?と心配しましたが、放鳥出来るまで、元気になって本当に良かった。

前みたいに両足で立ったり、歩いたり出来るといいな。回復を願います。

 


f:id:haruseikatu:20201012080440j:image

ウタちゃんは不自由な体で、器用に羽繕いし、

お腹も快調でお尻も綺麗。ご飯もパクパク食べ、「ウタちゃん。」と言うと「ピピッ!」と返事か出来るまで回復しました。

 


f:id:haruseikatu:20201012080443j:image
まだ、手放しに油断は出来ませんが、大切に育てて行きたいと思います。

 

そんな感じの、久々のブログでした。

 

それでは、また。

 

 

ランキングに参加しています。


インコランキング

 

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

応援ポチッとよろしくお願いします!

<甲斐性なしの三流鳥飼いブログ>