インコノート♡Happy♡

オカメとセキセイ、日々の記録

イッチンの159日間を記す。その1

f:id:haruseikatu:20200604114507j:image

こんにちは。インコノートです。

このブログは甲斐性なしの三流鳥飼いが、未熟ながら精一杯お世話した出来事の記録です。

正統派の鳥飼いの方々から見れば、突っ込みどころが満載の事でしょう。

私は数々の失敗、落鳥を繰り返していています。

誇れる素晴らしい飼い主ではありません。

 

しかし、だからこそ。。。

 

このブログを読んでる方には同じ様な失敗をして欲しく無い。

なので、私のダメっぷりを記録に残そうと思います。

 

イッチンを若くして命をうばってしまったのは

保温が全く出来ていなかった。

が一番の原因です。

一歳未満のヒナ、若鳥は、25〜30度で保温と飼育書に書いてありますが、それを守れていませんでした。

 

それでは。イッチンの159日間の生涯を振り返りたいと思います。

 

f:id:haruseikatu:20200604122505j:image

ウタちゃんはアオちゃん交尾し有精卵を4個産みました。はじめに産んだ卵はエルサに育ててもらい。この巣には3個の有精卵が入っていました。

 

f:id:haruseikatu:20200604123215j:image

2019年10月20日 カラリン誕生。

しつこく、巣箱を覗くのでウタちゃんに注意を受ける。

 

f:id:haruseikatu:20200604123521j:image

10月22日 チョロロ誕生。

育メン、アオちゃん仲良く子育て。


f:id:haruseikatu:20200604123527j:image

2羽で給餌。セキセイインコの雄が、ここまで子育てに参加するとは思っていなかった。

 

f:id:haruseikatu:20200604124315j:image

2019年10月27日 イッチン誕生。

 

f:id:haruseikatu:20200604124642j:image

10月28日 ☆奇跡の一枚☆ もふ尻2つ

 

私たちが住んでる家は木造の一軒家なので、ヒーターを付けても朝晩寒い。

手乗りにするには、通常18〜20日で親から離してさし餌をするが、雛の飼育温度28〜30度にキープする自信が無かったので、ウタちゃんとアオちゃんに巣立ちするまで、面倒を見てもらう事にしました。


f:id:haruseikatu:20200604124311j:image

10月31日 イッチン生後4日目

 

f:id:haruseikatu:20200604125035j:image

先に生まれた兄弟は目が開く

 

f:id:haruseikatu:20200604125252j:image

11月3日  イッチン生後8日目

チョロロのふわふわの羽毛を枕にお昼寝

 

f:id:haruseikatu:20200604125632j:image

11月5日  イッチン生後10日目

産毛が生えてきた。


f:id:haruseikatu:20200604141346j:image

11月12日  イッチン生後17日目

コチラを向いてるカラリンの頭が黄色くなってきた。

 

f:id:haruseikatu:20200604125823j:image

11月18日 イッチン生後23日目

羽が生えそう。羽ばたき練習欠かさない。

 

f:id:haruseikatu:20200604130044j:image

11月29日 イッチン生後34日目

ウタちゃんが子育て途中で発情し、新しい卵を生み出したので巣箱を撤去。イッチンには数日早い巣立ちだった。


f:id:haruseikatu:20200604131741j:image

11月30日 イッチン生後35日目

雛の中で一番手を慣れてくれた。

早めの巣立ちで上手く飛べず、困ってるのを助けたら手を怖がらなくなった。

 

f:id:haruseikatu:20200604132248j:image

12月6日 イッチン生後41日目

兄弟全て1人餌立ちをお祝いをする。

今まで、一つのケージに4羽で寝起きしていたのを1羽ずつケージを分ける。綺麗に並んで記念撮影。

 

f:id:haruseikatu:20200604132723j:image

12月18日 イッチン生後53日目

すくすく成長。兄弟で遊ぶ。

 

f:id:haruseikatu:20200604132920j:image

12月20日 イッチン生後55日目

4兄弟勢ぞろい!オソッチはエルサに育ててもらっていた。育ての親が違っても兄弟仲良く遊んでいた。

 

f:id:haruseikatu:20200604133719j:image

12月23日 イッチン生後58日目

手に乗ってくれる賢い子。体重を測ったら24gと他の兄弟より少なかった。それでも元気に飛び回っていた。

 

f:id:haruseikatu:20200604133243j:image

12月30日 イッチン生後65日目

体重25g ケージに防寒カバーと20wのヒーターを付けていた。

 

f:id:haruseikatu:20200604134458j:image

2020年1月7日 生後73日目

体重25g 他の兄弟たちは体重30gなのに、イッチンは5g少なかった。ゴハンは食べてるのだけど大きくなれなかった。

ネットで調べると、25gの小柄なセキセイもいるとあり、イッチンは末っ子だし小柄な子だと思っていた。


f:id:haruseikatu:20200604133246j:image

1月10日 イッチン生後76日目

イッチンが座ってる事が多くなる。

 

f:id:haruseikatu:20200604134940j:image

1月11日 イッチン生後77日目

座ってるイッチンは可愛いなーと、何も考えず思っていた。病気だとは思わなかった。

体重を測ると21gだった。

焦り。保温を20wから温度が高い40wに替える。


f:id:haruseikatu:20200604134943j:image

1月17日 イッチン生後83日目

足が立たなくなる。

この時期の朝の室温は5度ぐらいだったか…

40wは室温プラス7度しかならない。12度じゃあ寒かったよね。(防寒カバーでもう少し温度が高かったと思うけど)

若鳥の適温25〜30度に全然足りてない。

イッチンを弱めた原因はこれなんだよね。

他の兄弟たちが寒くても元気だったから、油断をしてしまった。

体の小さいイッチンに寒さが、どれだけのダメージを受けるのかちゃんと考えて無かった。それが、イッチンを死に近づけてしまった。

多分、足が寒さでかじかんで、立てなくなってしまったんだと思う。

 

 

www.inkonote.net

 

 

 続きは、その2へ

 

www.inkonote.net