インコノート♡Happy♡

オカメとセキセイ、日々の記録

家族愛!嘔吐して顔が汚れた父を息子と娘が綺麗に羽繕いする風景。

f:id:haruseikatu:20200506111319j:image

こんにちは。インコノートです。

 

コロナウイルス騒動で、メンタルがやられて無気力状態になり、ブログの更新が出来ませんでした。


f:id:haruseikatu:20200506111305j:image

そんな中、虚弱体質(常に省エネ、ゴハンと交尾以外はジッとしている)アオちゃんが嘔吐してしまいました。

元々、寒がりで冬はぷっくりしてたのですが、春の温度差。換羽。と負担になったのか体力が落ちてしまったようです。

 

3月1日にエルサを病気で亡くし。

4月2日に末っ子のイッチンを亡くし。

イッチンの死は、落ち着いたらブログに記事を出そうと思っていましたが。そのまま1ヶ月過ぎてしまい。報告がずるずるしてしまいました。

生後5ヶ月で死なせてしまった負い目もあり。飼育者として、いたらない部分を強く感じ、イッチンには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

他のセキセイ飼いの方が、私のような失敗をしない為にも何があったか、気持ちの整理がついたら、きちんと記録を残したいと思います。

 

そして、続けてアオちゃんの不調。。。

 

セキセイインコは飼いやすいと言うけど、本当かな??っと最近よく思います。

私は小学校頃、雌の白文鳥を飼っていて、その子は今から考えるとひどい飼い方でした。エサと水は母が管理していましたが、放鳥は私の気まぐれ。それでも、手乗りは忘れず健気な子でした。7年生き母の手の上で亡くなりました。

結婚して、雄の桜文鳥を飼いました。冬は巣皿と毛布を掛けて過ごしてもらい、ヒーターは使いませんでした。それでも、7年生き私の手の中で旅立ちました。

桜文鳥が旅立って、セキセイインコを飼い始めたのですが、文鳥より、セキセイの方が病気になる子が多い気がします。

それは、1羽飼と多頭飼の違いもある気がしますが、子供頃、祖母の家のセキセイの雄は年をとってクチバシが伸びようが背骨がおじいちゃんのように曲がろうが、元気に餌を食べていた思い出があります。

 

イッチンに続き、アオちゃんも私の育て方のせいで、命を奪ってしまうのか………。

 

先ずは、私の出来ることを。

インコ達に毎月かけられる予算は¥5,000。

主に7羽分のシード。ペレット。豆苗。サンドパーチカバー代になる。

医療費の高い、鳥専門病院へは通えないので、近くの犬猫病院へアオちゃんを連れて行く。

体重を測ったら24gになってました。

年明けに測った時は30gあったので-6g。

コロナ騒動で気持ちが疎かになり、アオちゃんをちゃんと見てあげて無かった。ごめんなさい。


f:id:haruseikatu:20200506111328j:image

吐き気留めと整腸剤の入ったお薬を頂く。

診察料    ¥1,100

内服費用 ¥500

合計(税込) ¥1,760


f:id:haruseikatu:20200506111332j:image

保定は苦手ですが、アオちゃんにも頑張ってもらい、お薬を飲んで貰っています。

甘いシロップが入っているようで、薬の味は不味く無い様子。

1日2回、お薬を1滴飲ませています。


f:id:haruseikatu:20200506111258j:image

先生は「プラケースに入れて保温」と言っていましたが、普段の鳥籠が一番落ち着く思うので、保温カバーをしっかりかけて、温度を30度に上げて回復を願う。


f:id:haruseikatu:20200506111323j:image

薬を投与して翌日、嘔吐も無くなり調子が良くなったのか、外に出たがったので少し放鳥させる事に。


f:id:haruseikatu:20200506111301j:image

父の嘔吐で汚れた顔を見て、驚いた息子達が父の側に詰め寄る‼️

アオちゃんはヒナでは無く、一年経った若鳥をお迎えしたので人馴れしていない。顔の汚れは気になったが、下手に水洗いして風邪を引くよりは、元気になって自分で羽繕いした方がいいと思いそのままにしていた。


f:id:haruseikatu:20200506111308j:image

2羽に挟まれ、カキカキのハミハミの集中砲火を喰らうアオちゃん!


f:id:haruseikatu:20200506111248j:image

気持ち良さそうですな〜。

子供達はかなり必死に汚れを取っております。


f:id:haruseikatu:20200506111244j:image

なんだか至れり尽くせりで、見ていてほっこりしました。

多頭飼で知った、セキセイインコの家族愛。


f:id:haruseikatu:20200506111315j:image

息子のチョロロ。丁寧に父の顔を羽繕い。


f:id:haruseikatu:20200506111251j:image

娘のオソッチ。細かい汚れのチェックを怠らない。

アオちゃんは、まだ体力が無いので5分ぐらいして、疲れたら自分籠のヒーター前へ帰って行きました。

 

嘔吐したのが、4月25日。

病院へ行ったのが26日。

吐かず調子が良く、薬を辞めたのが29日。

また再度、嘔吐したのが5月1日。

(*勝手に薬を辞めては行けません。反省)

薬を再開。元気になって保定を嫌がっても、薬が無くなるまで、投与すると硬く自分に誓う。

 

そして、6日の朝。

ちょっとずつ回復しているアオちゃん。


f:id:haruseikatu:20200506111338j:image

外に出ると、恒例儀式となった息子チョロロによる父への羽繕い。


f:id:haruseikatu:20200506111325j:image

アオちゃんは、もはや当たりまえの様に頭を差し出す(笑)


f:id:haruseikatu:20200506111254j:image

たまたまかも知れないけど、セキセイインコの親子は仲がいいですね。


f:id:haruseikatu:20200506111240j:image

このまま、アオちゃんが元気になることを願います。

アオちゃんの体力だけが頼りです。

甲斐性のない飼い主でごめんなさい。


f:id:haruseikatu:20200506111312j:image

元気になってね。

 

 

 

ランキングに参加しています。


インコランキング

 

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

応援ポチッとよろしくお願いします!

 

<甲斐性なしの三流鳥飼いブログ>